福岡・雨天中止試合の代替試合日程について

 四国・九州アイランドリーグでは、雨天中止となった8月22日(金)福岡対長崎戦の代替試合を下記のスケジュール・球場にて開催することが決まりましたので、お知らせ致します。

■9月10日(水) 福岡対長崎 @鳥栖市民球場 13時試合開始

※上記の9月10日の福岡対長崎戦はどなたも入場無料です。
  大勢のお客様のご来場をお待ちしております。

四国・九州IL 今週の見所について

 四国・九州アイランドリーグ2008ソフトバンク杯は、今週も見所・イベントが盛りだくさんです。大勢のお客様のご来場をお待ちしております。イベント案内は、こちらのとおりです。

【香川オリーブガイナーズ】
首位福岡との直接対決が2試合あり、前後期連続優勝に向けての大事な試合となる。カギは打線の奮起。堂上・丈武・国本の中軸の前に洋輔・笠井の1・2番がいかに出塁できるかがポイント。
【高知ファイティングドッグス】
エースの西川が肘の違和感のため登板が微妙だ。替わって山隈・山中・ミンらの投手陣の踏ん張りに期待したい。打線は全体に上向きで、真輝・YAMASHIN・古卿ら調子を上げている。
【福岡レッドワーブラーズ】
長く故障で試合から遠ざかっていたエースの浦川、野手の土佐・トモにも復帰の目処が立ち、戦力が出揃ってきた。投手陣ではイや中江が調子を上げ、打撃陣では陽が好調、今週は首位固めを目指す。
【愛媛マンダリンパイレーツ】
川西・近平に加え篠原・高木も調子を上げる等先発陣を中心に投手陣は安定感十分。一方好機に1本がでない打線が1番の課題となる。今週は、特に比嘉・檜垣の中軸の奮起に期待がかかる。
【徳島インディゴソックス】
先週3連戦の最終戦で香川に快勝した徳島は今週もその勢いを繋ぎたいところだ。投手陣は安里・平野に加え、新加入の新田が調子を上げ先発候補になる。打撃陣では、19歳の荒張が当たっている。
【長崎セインツ】
先週は打線が繋がらず福岡に連敗を喫した。今週は町田・高井らの主軸打者の奮起に期待がポイント。投手陣は前田・井場・土田が先発候補、酒井は抑えの予定。今後も上位争いの中に踏みとどまるには、連敗は禁物だ。

四国・九州IL選抜が中日2軍に追撃及ばず惜敗

 四国・九州アイランドリーグ選抜と中日ドラゴンズ2軍の交流試合が、8月27日(水)名古屋市のナゴヤ球場で行われました。試合は、四国・九州IL選抜が序盤で4点をリードされましたが、4回にYAMASHIN(高知)の適時打で1点を返します。その後中日2軍に1点を追加されましたが、7回表に四国・九州IL選抜は、中日の朝倉から荒川(福岡)・梶田(高知)・真輝(高知)・西村悟(福岡)が4連続安打を放ち3点を上げ、1点差に迫ります。これに対して中日2軍も7回裏1点を追加しますが、四国・九州IL選抜は粘りを見せ、9回走者1・3塁の好機にワイルドピッチで1点を奪います。しかし、後続が絶たれ反撃も1歩及ばず、四国・九州IL選抜は中日2軍に5対6で惜しくも敗れました。

クリックすると拡大します。

中日ドラゴンズ2軍:(投)赤坂-朝倉-金剛-ネルソン
             (補)前田-小川
四国・九州IL選抜:(投)福田-近平-渡邊-酒井-上里田
            (捕)飯田-西森

本塁打:堂上直(中)
3塁打:岩崎(中)
2塁打:真輝(高)・西村悟(福)・森岡(中)・中村公(中) 

【中日ドラゴンズ2軍・辻発彦監督のコメント】
「今日は打たれました。打者のスイングが昨日より鋭く感じました。特に3・4番(真輝・西村悟)の力強い振りが印象に残りました。また、先発の福田投手は、ストレートやスライダー等、良いボールを投げていました。ILの選手が今後NPBで通用する選手になるには、強い気持ちを持つことが必要です。信念を持ち目標に向かって頑張ってほしいと思います。」
【四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント】
「前半に守りの細かいミスから失点してしまったのが残念でした。また、NPBの投手は変化球と直球の腕の振りが同じであることや、打者は狙い球をしっかりと打ってくる事等もILの選手は見習ってほしいと思います。しかし、今日は投手陣も皆自分の持ち味を発揮してくれましたし、打者も1軍で実績のある朝倉からヒットを打ち得点できたことは自信になったはずです。」

四国・九州IL選抜が中日2軍に敗れる

 四国・九州アイランドリーグ選抜と中日ドラゴンズ2軍の交流試合が、8月26日(火)名古屋市のナゴヤ球場で行われました。試合は、1回裏中日2軍が4本の長短打で3点を先制します。これに対して四国・九州IL選抜は、4回表に1死満塁で国本(香川)が四球を選び押し出しで1点を返し、反撃を試みます。しかし、中日2軍は4回裏柳田の2点適時3塁打等で3点を追加、6対1とリードを広げます。その後四国・九州IL選抜は中日投手陣を打ち崩すことができず、1対6で敗れました。試合には敗れましたが、角野投手(福岡)がMAX147k、18歳の篠原投手(愛媛)がMAX143kを記録する等、四国・九州IL選抜の選手たちは、秋のドラフトに向け実力をアピールしていました。中日ドラゴンズ2軍との交流試合は、27日もナゴヤ球場で行われます。

クリックすると拡大します。

中日ドラゴンズ2軍:(投)山内-久本-斉藤-菊地-高江洲 (補)田中-小山
四国・九州IL選抜:(投)川西-松田-塚本-篠原-角野  (捕)西森-飯田

3塁打:柳田(中) 2塁打:堂上剛(中)・堂上直(中) 

【中日ドラゴンズ2軍・辻発彦監督のコメント】
「今日の試合では、ILの打者はスイングスピードが物足りない印象を受けました。また、投手は細かいコントロールを身につけることが必要だと感じました。今後さらに上のレベルで野球をするためには、自分の長所を磨き、それをアピールしてほしいと思います。」
【四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント】
「初回の3点でゲームの流れが決まってしまった感がありました。失点した川西や松田は直球での勝負にこだわった部分が見受けられましたが、もっと自分の持ち味をいかした投球していれば、そう簡単には失点しなかったはずです。打者は中日投手陣の球威に力負けしていました。明日はもっといいゲームができるよう頑張ります。」

I Love Island League. 限定グッズ販売プロジェクト第28弾 7月度月間MVP選手の直筆サイン付公式球を少数限定販売

 四国・九州アイランドリーグでは、2008年7月度月間MVP投手部門を受賞した福岡レッドワーブラーズの中江信選手と、野手部門を受賞した愛媛マンダリンパイレーツの大島慎伍選手の直筆サインの入った2008年アイランドリーグ公式球を各限定12個販売いたします。全て選手の直筆で書かれたタイトルおよびサインの入った公式球をディスプレイ用アイランドリーグオリジナルミニバット付で8月26日より限定販売いたします。
 パソコンまたは携帯電話のオンラインショップ(www.islandleaguewebshop.com)にて、 3500円(税込)で販売しております。非常に少数ですのでお早めにお買い求め下さい。

クリックすると拡大します。


8月26・27日中日2軍との交流戦出場選手変更について

 四国・九州アイランドリーグ6チームからの選抜チームが、8月26日(火)・27日(水)に愛知県名古屋市のナゴヤ球場で中日ドラゴンズ2軍と交流試合を行います。
 四国・九州アイランドリーグでは、中日ドラゴンズ2軍戦に出場する四国・九州アイランドリーグ選抜チームのメンバーの中で、西川徹哉投手(高知)が肘の違和感のため、堂上隼人選手(香川)が肩の違和感のため出場を辞退、両選手に代わって、篠原慎平投手(愛媛)と西森将司選手(香川)が出場することが決まりましたので、お知らせ致します。出場メンバーは、下記のとおりです。

【出場メンバー】
監督:定岡智秋(高知)
コーチ:宮崎一彰(高知) 衣川幸夫(徳島)
■投手
塚本浩二(香川) 福田岳洋(香川) 上里田光正(高知) 角野雅俊(福岡)
川西祐太郎(愛媛) 篠原慎平(愛媛) 近平省悟(愛媛) 渡邊隆洋(徳島)
酒井大介(長崎) 松田有二(長崎)
■捕手
西森将司(香川) 飯田一弥(高知)
■内野手 
国本和俊(香川) 古卿大知(高知) 真輝(高知) YAMASHIN(高知)
荒川大輔(福岡) 大島慎伍(愛媛)   
■外野手
梶田宙(高知) 西村悟(福岡) 小松崎大地(徳島) 高井啓行(長崎)

7月度月間MVP投手部門の表彰について

 四国・九州アイランドリーグでは、延期となっていた7月度月間MVP賞(投手部門)を受賞した福岡レッドワーブラーズの中江信投手への表彰を、8月29日(金)福岡県北九州市の北九州市民球場で開催される福岡レッドワーブラーズ対香川オリーブガイナーズ戦の試合開始前セレモニーの中で行うことが決まりましたので、お知らせ致します。
 この表彰式は、8月22日(金)小郡球場で開催される予定だった福岡対長崎戦の試合開始前に行う予定でしたが、雨天により試合が中止となったため表彰も延期になっていたものです。
 
 中江投手には、ミズノ株式会社様と読売新聞社様よりトロフィー、ミズノ株式会社様より目録(ミズノ製品)、読売新聞社様より目録(賞金)が贈られます。 

長崎・雨天中止試合の代替試合日程について

 四国・九州アイランドリーグでは、雨天中止となった8月16日(土)長崎対徳島戦の代替試合を下記のスケジュール・球場にて開催することが決まりましたので、お知らせ致します。

■9月11日(木) 長崎対徳島 @佐世保野球場 18時試合開始

高知FDのラミレス・ジュニア投手退団のお知らせ

 四国・九州アイランドリーグでは、高知ファイティングドッグスのラミレス・ジュニア投手が、8月17日付けで、球団との契約を解除し退団致しましたので、お知らせ致します。

【8月17日付契約解除】
高知ファイティングドッグス  ラミレス・ジュニア(投手)
退団理由:本人からの申し出
※ラミレス・ジュニア投手の本名は、アレックス・ラミレス・ジュニア

四国・九州IL 今週の見所について

 四国・九州アイランドリーグ2008ソフトバンク杯は、今週も見所・イベントが盛りだくさんです。大勢のお客様のご来場をお待ちしております。イベント案内は、こちらのとおりです。

【香川オリーブガイナーズ】
塚本・福田・金子の先発陣と抑えの橋本は好調。さらに安達・松居の両左腕が中継ぎで力を発揮すれば投手陣は盤石だ。このところ湿りがちだった打線も、戦列を離れていた智勝が復帰、丈武も復調し本来の姿に戻りつつある。
【高知ファイティングドッグス】
このところ打線の当たりが止まっている。古卿・真輝・中村のクリンナップの奮起が一番の課題。一方投手陣は安定しており、西川・野原・ケリーの先発陣と抑えの上里田に今週も期待したい。
【福岡レッドワーブラーズ】
故障していた森辰夫や角野が復帰、香川からイ・チャンホが移籍し投手陣は戦力が整ってきた。特にセットアッパーとしてのイへの期待は大きい。打線も西村悟・山本・荒川の中軸が調子を戻してきた。
【愛媛マンダリンパイレーツ】
川西・近平・高木の先発陣をはじめ投手陣は全般に好調。さらに中継ぎの入野も調子を上げている。打撃陣では、ようやく檜垣に当たりが出てきたのは好材料。次は比嘉の復調に期待。
【徳島インディゴソックス】
徳島だけが大きく負け越しているがチーム全体の調子は悪くない。投手陣では片山・平野・安里が先発候補。打撃陣では好調の小松崎に加え、金谷にも当たりがでてきた。今週の香川戦ではエンドラン等足攻もカギになりそうだ。
【長崎セインツ】
投手陣は安定している。今週は井場・前田・土田が先発候補、酒井は抑えに回る。打撃陣では町田・高井・松原らが好調。バント等の細かいプレーをきちんと出来るかどうかが勝負のポイント。

8月26・27日 中日2軍との交流戦出場メンバー決定

 四国・九州アイランドリーグ6チームからの選抜チームが、8月26日(火)・27日(水)に愛知県名古屋市のナゴヤ球場で中日ドラゴンズ2軍と交流試合を行います。
 四国・九州アイランドリーグでは、中日戦に出場する四国・九州アイランドリーグ選抜チームのメンバーが下記のとおり決まりましたので、お知らせ致します。

【出場メンバー】
監督:定岡智秋(高知)                 
コーチ:宮崎一彰(高知) 衣川幸夫(徳島)     
■投手
塚本浩二(香川) 福田岳洋(香川) 上里田光正(高知) 西川徹哉(高知)
角野雅俊(福岡) 川西祐太郎(愛媛) 近平省悟(愛媛) 渡邊隆洋(徳島)
酒井大介(長崎) 松田有二(長崎)
■捕手
堂上隼人(香川)・飯田一弥(高知)
■内野手 
国本和俊(香川) 古卿大知(高知) 真輝(高知) YAMASHIN(高知)
荒川大輔(福岡) 大島慎伍(愛媛)   
■外野手
梶田宙(高知) 西村悟(福岡) 小松崎大地(徳島) 高井啓行(長崎)

7月度月間MVP投手部門の表彰について

 四国・九州アイランドリーグでは、7月度月間MVP賞(投手部門)を受賞した福岡レッドワーブラーズの中江信投手への表彰を、8月22日(金)福岡県小郡市の小郡球場で開催される福岡レッドワーブラーズ対長崎セインツ戦の試合開始前セレモニーの中で行うことが決まりましたので、お知らせ致します。
 中江投手には、ミズノ株式会社様と読売新聞社様よりトロフィー、ミズノ株式会社様より目録(ミズノ製品)、読売新聞社様より目録(賞金)が贈られます。

桑田真澄氏が8月17日香川対高知戦に来場香川OGナインを激励、始球式を行いました

 8月17日(日)に香川・サーパススタジアムで開催された香川オリーブガイナーズ対高知ファイティングドッグス戦に、かつて読売ジャイアンツで大活躍しMLBのピッツバーグ・パイレーツでもプレーした桑田真澄氏が訪れました。

 桑田氏は、試合前に香川OGナインを「毎日こつこつと努力を積重ねてNPB12球団を目指してほしい」と激励しました。
 そして、桑田氏は試合開始前セレモニーで挨拶をした後始球式に登場、ピッツバーグ・パイレーツのユニフォームを身につけた桑田氏は、現役時代と変わらぬ投球フォームで時速132Kのスピードボールを投げ込み、約3000人のスタンドのファンから大きな拍手と声援が送られました。

【桑田真澄氏のコメント】
「初めてILの試合の球場を訪れましたが、改めて『野球はいいな』と感じました。また、始球式では本当に気持ちよく投げることができました。
今後こうした独立リーグにはますます発展してほしいと思います。私もNPB出身者として野球界の底辺拡大のためにも全力で協力して行きたいと考えています。試合も拝見しましたが想像以上にレベルが高いと実感しました。特に先発した二人の投手は、本当にいいボールを投げていました。ILの選手は今後更に努力して目標を達成してほしいし、同時に地域に密着し貢献していかなければいけないという自覚をこれまで以上に持って頑張ってほしいと思います。」

香川のイ・チャンホ投手が福岡へ移籍

 四国・九州アイランドリーグでは、香川オリーブガイナーズのイ・チャンホ投手が8月14日付けで福岡レッドワーブラーズに移籍いたしましたことを、お知らせ致します。
 今回の移籍は、四国・九州ILの移籍ルールに則り、福岡球団の戦力補強とイ・チャンホ投手の更なる出場機会増の為、香川・福岡両球団並びにイ投手本人が円満に移籍合意に達したことにより、決定したものです。
 イ投手は、8月14日付けで香川OGから福岡RWに移籍入団、8月15日から福岡RWの選手として登録され、公式戦出場が可能となります。また、イ投手の背番号は51に決定しました。

【香川OG イ・チャンホ投手のコメント】
「福岡RWに自分を評価して頂きうれしく思います。今後は更に努力して、チームの勝利に貢献できるように頑張ります。」
【香川OG 西田真二監督のコメント】
「福岡RWの森山監督と話した結果、福岡RWは故障者が多く、投手陣が不足しているので補強したいとの意向があるとのことでした。イ・チャンホは好投手で香川OGにとって惜しい気持ちもありますが、本人の出場機会も増え、リーグ戦の活性化にも繋がると考え移籍に合意しました。
福岡RWには、イムやキムといった先輩の韓国人選手がいるので、アドバイスをもらいながら、努力して更に良いピッチャーになって活躍してほしいと思います。」
【福岡RW 森山良二監のコメント】
「イ投手は力があって将来性のあるピッチャーなので福岡球団で存分に力を発揮してくれることを期待しています。チーム合流後はセットアッパーとして抑えのキム投手の前を任せる予定です。」

■イ・チャンホ投手プロフィール
1989年4月3日生れ、韓国・京畿道出身。 血液型B型  身長183cm 体重90kg  右投右打
請願高校卒業後今年香川OG入団。今季これまでの成績は、20試合3勝0敗2S 防御率1.98
MAX146Kの速球とスライダー、カットボールが武器   

7月度月間MVP野手部門の表彰式が行われました。

 7月度月間MVP賞野手部門の表彰式が、8月13日(水)愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムにおきまして、愛媛-長崎戦の試合前セレモニーの中で行われました。
  7月度の月間MVP野手部門に選出されたのは、愛媛マンダリンパイレーツの大島慎伍内野手です。大島選手は7月に49打数21安打、打率.429、10打点、1本塁打、8盗塁の好成績を残したこと等が評価されたものです。大島選手には、リーグオフィシャルサプライヤーのミズノ株式会社様から目録(ミズノ製品)が、リーグオフィシャルメディアパートナーの読売新聞大阪本社様・西部本社様よりトロフィーと目録(賞金)に贈呈、表彰式では、プレゼンターの読売新聞大阪本社松山支局の浅野博行支局長から手渡されました。

20080818_02.jpg
大島選手、読売新聞松山支局・浅野支局長

7月度月間MVP野手部門の表彰について

 四国・九州アイランドリーグでは、7月度月間MVP賞(野手部門)を受賞した愛媛マンダリンパイレーツの大島慎伍選手への表彰を、8月13日(水)松山・坊っちゃんスタジアムで行われる愛媛対長崎戦の試合開始前セレモニーの中で行うことが決まりましたので、お知らせ致します。
 
 大島選手には、ミズノ株式会社様と読売新聞社様よりトロフィー、ミズノ株式会社様より目録(ミズノ製品)、読売新聞社様より目録(賞金)が贈られます。 

※投手部門受賞の福岡レッドワーブラーズの中江信選手への表彰日時・場所は、
  追ってお知らせ致します。

四国・九州IL 今週の見所について

 四国・九州アイランドリーグ2008ソフトバンク杯は、今週は各チームともにお盆を挟み5連戦・6連戦を戦います。後期優勝争い向けてのヤマ場となり、見所・イベントがさらに盛りだくさんです。大勢のお客様のご来場をお待ちしております。イベント案内は、こちらのとおりです。

【香川オリーブガイナーズ】
現在6連勝中と波に乗っている。特に投手陣が安定しているのが一番の強みだ。今週は塚本・福田・金子に加え安達も先発候補になる。攻撃陣では国本・金井が当たっている。さらに丈武・堂上らの長打に期待したい。
【高知ファイティングドッグス】
今週の6連戦は投手陣の出来がカギ。ケリーと山隈が故障の影響で本調子ではないだけに、西川・野原・上里田に加え山中・ミンにも期待大。打線は全体に上向きで下位の大西・流も好調なのは心強い。
【福岡レッドワーブラーズ】
今週から角野が完全復帰となるは大きい。6連戦では2回先発する見込み。また投手陣では森辰夫にも復帰の目処が立ったのも朗報。打線では西村悟・山本の3・4番が復調、打線も勢いが出てきた。
【愛媛マンダリンパイレーツ】
先週は打撃が振るわず香川に3連敗を喫した。今週は嶋田・大島の中軸を中心に打線の奮起が一番のポイント。6連戦では川西が救援に回る可能性も有り、高木・近平・篠原・森・入野らが先発候補。
【徳島インディゴソックス】
投手陣では今週も渡邊・片山が救援に回り、安里・梅原・佐藤・平野らが先発候補。打線は全般に調子が上がっており、特に金丸・大二郎の1・2番が好調。また、控えの荒張・白川らも力を付けている。
【長崎セインツ】
打線は好調を維持しており、6連戦では投手陣がポイントとなる。井場・酒井・前田に加え、ゲレロ・ソリアーノ・松田が先発候補。さらに土田・藤岡にも登板の機会はありそうだ。攻撃陣では特に町田が好調。

7月度 月間MVP受賞選手の発表

 四国・九州アイランドリーグでは、7月度月間MVP受賞選手が下記のとおり決定いたしましたので、お知らせ致します。受賞した選手には、ミズノ株式会社様よりトロフィーと目録(ミズノ製品)が、読売新聞社様からはトロフィーと目録(賞金)がそれぞれ贈られます。 

【7月度月間MVP受賞選手】※成績は7月度のものです。
投手部門 :中江 信(福岡レッドワーブラーズ)・初受賞
       <成績> 5試合 4勝0敗0S 防御率1.59(34投球回) 
【中江投手のコメント】
「前期は納得のいく成績を残せなかったのですが、後期スタートの7月で4勝を上げこの賞を受賞でき本当に嬉しいです。7月になりストレートの威力が増してきたのが実感として感じられるようになりました。また、4勝できたのは打線のバックアップのお陰だと思います。今後はさらに得意のストレートにも磨きをかけ、NPBのスカウトにもアピールできるよう頑張ります。」

野手部門 :大島慎伍(愛媛マンダリンパイレーツ)・初受賞 
       <成績> 49打数21安打 打率.429  10打点  1本塁打  8盗塁    
【大島選手のコメント】
「率直に嬉しいです。後期最初の月で去年より進歩したことを実感できました。特に試合での状況に応じて自分の打撃を修正出来るようになったことが大きかったです。また、6月末に、交流戦で福岡に遠征した際にヤフードームでNPB1軍の試合を観戦する機会があり、そこで見たNPBの打者の無駄のないフォーム等は本当に参考になりました。後期優勝はもちろん、NPBに少しでも近づけるよう努力を重ねて行きたいと思います。」

【MVP賞贈呈】
表彰日時・場所は追ってお知らせいたします。

高知FDが阪神2軍に健闘及ばず惜敗

 高知ファイティングドッグスと阪神タイガース2軍の交流試合が、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で行われました。試合は、高知FDが1回に1点、5回に2点を失いリードを奪われますが、7回表に真輝の適時打で1点を返します。7回裏高知FDは2点を奪われ1対5と点差が広がりましたが、9回に意地を見せます。流、梶田、真輝、中村の4連続安打で2点を返し3対5と2点差に詰め寄り、なおも1死1・2塁の好機を迎えます。しかし、後続が絶たれ試合終了、高知FDは3対5で阪神タイガース2軍に健闘及ばず敗れました。

クリックすると拡大します。

阪神タイガース2軍:(投)白仁田-若竹-辻本-黒田-桟原
             (補)岡崎-田中-橋本
高知ファイティングドッグス:(投)西川-ミン-山中-野原-山隈-上里田
                 (捕)飯田-藤嶋-キム

本塁打:大和(阪) 2塁打:秀太(阪) 

【高知FD・定岡智秋監督のコメント】
「阪神さんはドラフト1巡目ルーキーの白仁田投手をはじめ好選手を大勢起用してくれたので、高知の選手には本当にいい経験になりました。こうして交流戦に直接対戦に肌で感じたことを今後に活かしてほしいと思います。特に投手が速球と変化球を全く同じ腕の振り方で投げることや、狙い球をしっかりと打ってくる点等は参考になったはずです。」

公式サイトで 7月5日香川OG対巨人2軍7月6日巨人2軍対愛媛MP戦を映像配信開始

 四国・九州アイランドリーグでは、公式サイト内(www.iblj.co.jp)に映像配信サービス 『四国・九州ILウェブスタジアム~SHIKOKU・KYUSYU ISLAND LEAGUE Web STADIUM~』を開設し、公式戦やNPB球団との交流戦映像等をファンの皆様にお楽しみ頂いておりますが、この度、2008年7月5日(土)に開催されたNPB交流戦 香川オリーブガイナーズ対読売ジャイアンツ2軍、7月6日(日)に開催された読売ジャイアンツ2軍対愛媛マンダリンパイレーツ戦を追加アップ致しました。今後もさらに映像コンテンツを充実させ、四国・九州アイランドリーグの魅力をより一層お伝えしていきますので、皆様の厚い御声援を心より御願い申し上げます。

視聴方法:四国・九州IL公式サイト内のバナーをクリックすると
       「四国・九州ILウェッブスタジアム」へ
       そこでご視聴されたい試合をクリック頂き、さらにイニングごとに映像を
       お楽しみ頂けます。
    
追加配信試合:
2008年7月5日(土) 香川オリーブガイナーズ対読売ジャイアンツ2軍 
2008年7月6日(日) 読売ジャイアンツ2軍対愛媛マンダリンパイレーツ

配信開始日:2008年8月8日(金)
技術協力:株式会社よんでんメディアワークス

四国・九州ILでは、徳島阿波踊りを通じて環境貢献活動に取り組みます

 四国・九州アイランドリーグでは、社団法人徳島市観光協会様、 松下電器産業株式会社様、徳島インディゴソックスとともに、地域ぐるみで取り組む環境貢献活動の一環として、徳島阿波踊りにおいて、環境に配慮した電球形蛍光灯を導入し、使用電力・CO2排出量を削減することで、地球環境保全に共同で取り組むこととなりましたので、お知らせいたします。
 この活動は、6月の博多祇園山笠で行った環境貢献活動と同じ趣旨のものです。

 具体的な取り組みとして、本年8月12日(火)より開催される徳島阿波踊りにおいて、徳島市役所前演舞場に掲出される提灯で使用される白熱電球を、消費電力がより少なくCO2排出量の削減にもつながる、ナショナル電球形蛍光灯「パルックボール」に交換いたします。
 これは、【地域密着・地域文化に根ざす】を基本に活動する徳島インディゴソックスが実施したチャリティ活動による収益金と、四国・九州アイランドリーグの助成による資金をもとに、松下電器産業株式会社様の協力のもと、電球形蛍光灯を社団法人徳島観光協会様に納入し、合計1,210個の提灯で使われる白熱電球の交換を実施するものです。このことで、本年の徳島阿波踊りの期間中で約441kgのCO2を削減することになります。

※CO2削減量の算出は以下に基づきます。1)阿波踊り期間中に通算22時間点灯、2)ナショナル電球形蛍光灯「パルックボールプレミア」EFD15EL/10H 300個使用、「パルックボールスパイラル」EFA15EL/12 910個使用 3)算出基準となるCO2排出係数は、0.39kg-CO2/kWh、4)松下電器産業シリカ電球LW100V54Wとの比較

 つきましては、8月12日(火)16:30より、徳島市役所前演舞場に於いて、関係者による「あかり交換記念式」を行います。今回の活動関係者からの御挨拶を行うとともに、提灯の電球交換作業が、徳島インディゴソックスの選手たちの手によって、この式典時に完了することとなります。
 式典詳細は別紙のとおりです。

徳島ISに投手1名新入団決定

 四国・九州アイランドリーグでは、徳島インディゴソックスに新田秀信投手が8月8日付けで入団することが決まりましたので、お知らせ致します。

【新田秀信(にったひでのぶ)選手プロフィール】
1985年2月15日生まれ 広島県出身 右投右打 投手 背番号67
身長177cm 体重74kg 血液型A型
広島県立祇園北高~和歌山大~アークバリアドリームクラブ~NAGOYA23

詳細につきましては、
徳島インディゴソックス球団事務所(088-692-1945)までお問合せ下さい。

高知FDが阪神2軍に健闘及ばず惜敗

 高知ファイティングドッグスと阪神タイガース2軍の交流試合が、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で行われました。試合は、高知FDが1回に1点、5回に2点を失いリードを奪われますが、7回表に真輝の適時打で1点を返します。7回裏高知FDは2点を奪われ1対5と点差が広がりましたが、9回に意地を見せます。流、梶田、真輝、中村の4連続安打で2点を返し3対5と2点差に詰め寄り、なおも1死1・2塁の好機を迎えます。しかし、後続が絶たれ試合終了、高知FDは3対5で阪神タイガース2軍に健闘及ばず敗れました。

クリックすると拡大します。

阪神タイガース2軍:
(投)白仁田-若竹-辻本-黒田-桟原
(補)岡崎-田中-橋本
高知ファイティングドッグス:
(投)西川-ミン-山中-野原-山隈-上里田
(捕)飯田-藤嶋-キム

本塁打:大和(阪) 2塁打:秀太(阪) 

【高知FD・定岡智秋監督のコメント】
「阪神さんはドラフト1巡目ルーキーの白仁田投手をはじめ好選手を大勢起用してくれたので、高知の選手には本当にいい経験になりました。こうして交流戦に直接対戦に肌で感じたことを今後に活かしてほしいと思います。特に投手が速球と変化球を全く同じ腕の振り方で投げることや、狙い球をしっかりと打ってくる点等は参考になったはずです。」

四国・九州IL選抜が阪神2軍に反撃も一歩及ばず敗れる

 
 四国・九州アイランドリーグ選抜と阪神タイガース2軍の交流試合が、兵庫県西宮市の阪神鳴尾浜球場で行われました。試合は、2回に四国・九州IL選抜が阪神先発の福原から丈武(香川)と荒川(福岡)が連続で安打を放ち1点を先制しますが、3回に1点、5回に2点を失い、阪神2軍に1対3とリードを奪われます。2点差を追う四国・九州IL選抜は、7回に1死満塁の好機に押し出し四球で1点で返しましたが、後続が絶たれ1点止まり、最終回にも1死満塁の好機が訪れましたが得点に結び付けることが出来ず、2対3で四国・九州IL選抜は阪神タイガース2軍に惜しくも敗れました。四国・九州IL選抜は、NPP球団に今季初黒星を喫し、今季のNPB球団との対戦成績は5勝1敗となりました。

クリックすると拡大します。

阪神タイガース2軍:
(投)福原-筒井-清原-小嶋-横山-金村大
(補)清水-岡崎
四国・九州IL選抜:
(投)篠原-土田-松居-入野-西川雅-キム
(捕)西森-堂上

本塁打:高橋勇(阪) 

【阪神タイガース2軍・平田勝男監督のコメント】
「四国・九州ILはレベルが高く、選手たちの野球に対する姿勢や情熱は阪神の選手のみならず、われわれ指導者にとっても大変刺激になります。今後ILの選手たちにはNPBの1軍で即戦力となるには何をすればいいのかを考えて取り組んでほしいと思います。特に投手はストレートの威力、打者は1軍の投手を打つ技術を身に付けることが課題でしょう。」
【四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント】
「惜しい試合でした。5回・7回・9回と3度満塁の好機がありながら攻め切れなかったのは残念です。しかし、阪神の福原投手からヒットを打った丈武や荒川は自信に繋がったはずです。また、野手は盗塁等も含め皆持ち味を発揮し、投手陣もよく投げてくれたと思います。」

四国・九州アイランドリーグ公式戦試合中継の日程追加について

 四国・九州アイランドリーグと日本ケーブルテレビ連盟四国支部は、四国4県のケーブルテレビ局17局において四国・九州アイランドリーグ公式戦放映を行っていますが、下記のとおり9月の放映予定を追加しましたので、お知らせいたします。

今後のCATV四国・九州アイランドリーグ放映予定
(クリックすると拡大します。)

◆お問い合わせ先◆
四国・九州アイランドリーグ事務局
 高松市丸亀町7-10 丸亀町第3ビル4F
 四国・九州アイランドリーグ CEO  鍵山 誠
 TEL 087(825)9760  FAX087(825)9961  担当/田口
日本ケーブルテレビ連盟四国支部
 新居浜市坂井町2丁目3-17
 支部長 大橋 弘明(㈱ハートネットワーク 取締役社長)
 TEL 0897(32)7777  FAX 0897(32)6789 担当/皆尾

◆放送予定局一覧(クリックすると拡大します。)

(注)8月1日現在の予定です。上記以外の放送局が追加される場合があります。

8月5日阪神2軍との交流戦出場メンバー変更について

 四国・九州アイランドリーグの選抜チームが8月5日(火)に兵庫県西宮市の阪神・鳴尾浜球場で阪神タイガース2軍と交流試合を行います。
 四国・九州アイランドリーグでは、阪神タイガース2軍戦に出場する四国・九州アイランドリーグ選抜チームのメンバーの中で、高木大輔投手(愛媛)に代わり西川雅人投手(愛媛)が出場することが決まりましたので、お知らせ致します。変更の理由は、高木投手が右手中指の豆をつぶしたため出場を辞退したことによるものです。出場メンバーは、下記のとおりです。
 
 尚、8月6日には、高知ファイティングドッグス単独チームが阪神タイガース2軍と交流試合を行うため、8月5日の選抜チームには、高知ファイティングドッグスの選手は未加入となっております。

【出場メンバー】
監督:定岡智秋(高知)                 
コーチ:斉藤浩行(愛媛) 森山良二(福岡)     
■投手
松居伊貴(香川) キム・ムヨン(福岡) 入野貴大(愛媛) 篠原慎平(愛媛)
西川雅人(愛媛) 土田瑞起(長崎)
■捕手
堂上隼人(香川) 西森将司(香川) 永井豪(徳島)
■内野手 
丈武(香川) 荒川大輔(福岡) 國信貴裕(福岡) 嶋田好高(愛媛)
金丸勝太郎(徳島) 山口寛史(徳島) 松原祐樹(長崎) 
■外野手
笠井要一(香川) シン(香川) 関口大志(福岡) 小松崎大地(徳島)
高井啓行(長崎) 安田慎太郎(長崎)

四国・九州IL 今週の見所について

 四国・九州アイランドリーグ2008ソフトバンク杯は、今週も見所・イベント盛りだくさんです。大勢のお客様のご来場をお待ちしております。イベント案内は、こちらのとおりです。

【香川オリーブガイナーズ】
先週は打撃が振るわず3連敗を喫した。堂上・丈武・洋輔のクリンナップの前に1・2番がどれだけ出塁できるかがポイント。塚本・福田・金子らを中心とした投手陣は安定しており心配はない。
【高知ファイティングドッグス】
好調だった打線の勢いが先週は影を潜め苦戦した。今週は打線の奮起が望まれる。特にルーキーの飯田や流に期待。投手陣は、今週も西川・ケリー・野原の先発陣と抑えの上里田が中心となる。
【福岡レッドワーブラーズ】
首位に立っているものの投手・野手ともに故障者が多く苦しい状況が続いている。投手陣は角野も出場が厳しく、中江・倫太郎の2人の踏ん張りがカギとなる。攻撃陣では、トモ・土佐の欠場は痛いが、荒木やイムにも当りが出てきたのは明るい材料だ。
【愛媛マンダリンパイレーツ】
現在6連勝中と波に乗っている。投打の歯車がよく噛み合っているのが好調の原因だ。投手陣では、先発に復帰した高木が先週完投勝利を飾り、打撃陣では19歳の高田がレギュラーとして定着する等選手層がさらに厚みを増してきた。
【徳島インディゴソックス】
先週は守りのミス等から3連敗したが、チーム自体の調子は少しずつ上向いている。特に打線では、金丸・大二郎の1・2番が好調だ。また、今週末から指揮を執る森山監督代行の采配にも注目。
【長崎セインツ】
先週は香川に3連勝と好調。特に松田が完封勝利を上げたのは大きかった。打撃陣では高井・安田が調子を上げている他、故障のため戦列を離れていた町田に今週から復帰の目処が立ったのは心強い。

オリックスの梶本投手(元愛媛MP)が8月2日のフレッシュオールスター出場決定

 オリックス・バファローズの梶本達哉投手が、8月2日(土)山形県の山形蔵王タカミヤホテルズスタジアムで開催されるプロ野球フレッシュオールスターゲーム2008「イースタン・リーグ選抜対ウエスタン・リーグ選抜」にウエスタン・リーグ選抜のメンバーとして出場することが決まりました。四国・九州IL出身選手でフレッシュオールスターに出場するのは、2006年の福岡ソフトバンク・西山道隆投手(元愛媛MP)、2007年の広島・中谷翼選手(元愛媛MP)、2007年の千葉ロッテ・角中勝也選手(元高知FD)に次いで、梶本投手が4人目になります。
 梶本投手は、2007年に愛媛マンダリンパイレーツでプレーし、今年、育成選手としてオリックス・バファローズに入団しました。そして、6月2日(月)から支配下登録され、1軍の公式戦出場も可能となりました。
 梶本投手のフレッシュオールスター並びに今後のさらなる活躍にご期待下さい。

BS11で9月12日香川対愛媛戦を9月14日に録画中継決定

 四国・九州アイランドリーグでは、日本BS放送(BS11デジタル)が9月12日(金)の香川オリーブガイナーズ対愛媛マンダリンパイレーツ戦を、9月14日(日)に全国に録画中継することが決まりましたので、お知らせ致します。
 四国・九州アイランドリーグ公式戦が、全国放送されるのは初になります。
 放送スケジュール等詳細は、下記のとおりです。

放送局  :日本BS放送(BS11デジタル)
放送試合 :9月12日(金)香川オリーブガイナーズ対愛媛マンダリンパイレーツ
        (18時試合開始 @サーパスタジアム)  
放送日時 :9月14日(日)14時~16時30分
放送形態 :録画放送
放送エリア:全国放送

8月5日阪神2軍との交流戦出場メンバー決定

 四国・九州アイランドリーグの選抜チームが8月5日(火)に兵庫県西宮市の阪神・鳴尾浜球場で阪神タイガース2軍と交流試合を行います。
 四国・九州アイランドリーグでは、交流戦に出場する四国・九州アイランドリーグ選抜チームのメンバーが下記のとおり決まりましたので、お知らせ致します。
 尚、8月6日には、高知ファイティングドッグス単独チームが阪神タイガース2軍と交流試合を行うため、8月5日の選抜チームには、高知ファイティングドッグスの選手は加わらないこととなりました。   

【出場メンバー】
監督:定岡智秋(高知)                 
コーチ:斉藤浩行(愛媛) 森山良二(福岡)     
■投手
松居伊貴(香川) キム・ムヨン(福岡) 入野貴大(愛媛) 篠原慎平(愛媛)
高木大輔(愛媛) 土田瑞起(長崎)
■捕手
堂上隼人(香川) 西森将司(香川) 永井豪(徳島)
■内野手 
丈武(香川) 荒川大輔(福岡) 國信貴裕(福岡) 嶋田好高(愛媛)
金丸勝太郎(徳島) 山口寛史(徳島) 松原祐樹(長崎)
■外野手
笠井要一(香川) シン(香川) 関口大志(福岡) 小松崎大地(徳島)
高井啓行(長崎) 安田慎太郎(長崎)

7月度 月間MVP賞投票のお知らせ

 四国・九州アイランドリーグでは、7月度の月間MVP賞投票を下記の通り実施いたします。

■月間MVP賞品
 MVP賞トロフィーと目録(ミズノ株式会社様・読売新聞社様よりご提供)

■MVP受賞選手の選出方法
 【投票対象】四国・九州アイランドリーグ登録選手全員
 【MVP選手】投手、野手の2部門で各1人を決定。
 【投 票 者】ファンの皆様
 【投票期間】2008年8月1日(金)~8月5日(火)
 【投票方法】四国・九州アイランドリーグ事務局宛てに以下項目を記載いただき、
         FAXもしくはE-Mailで送信ください。
         FAX送信先  :087-825-9961
         E-Mailアドレス:tohyo@iblj.co.jp
         <記載項目>
           *あなたの選ぶMVP選手(チーム名と選手名を明記)
           *選んだ理由
【結果発表】2008年8月11日(月)HPにて掲載。 

高知FDが吉川投手との契約を解除

 四国・九州アイランドリーグでは、高知ファイティングドッグスが吉川岳投手との選手契約を7月31日付けで解除いたしますことを、お知らせ致します。
 吉川投手は選手契約解除により公式戦に出場することはできませんが、引き続き、練習生としてチームに残ることになりましたことも、あわせてお知らせ致します。

【7月31日付契約解除】
高知ファイティングドッグス 吉川 岳(投手)
解除理由:故障により長期療養が必要なため

徳島ISの8月からの新体制人事について

 四国・九州アイランドリーグでは、徳島インディゴソックスの白石静生監督が成績不振の責任を取って7月31日付けで監督を辞任し、代わって8月1日より森山一人コーチが監督代行に就任することが決まりましたので、お知らせ致します。
また、8月1日より徳島インディゴソックスの梅原伸亮投手が選手兼任コーチ、白石監督は徳島インディゴソックスの球団代表に就任することが決まりましたことも、あわせてお知らせ致します。

【徳島インディゴソックス球団株式会社8月1日付人事】
代表取締役社長 手束 直胤(旧:代表取締役社長 兼 球団代表)
球団代表      白石 静生(新任 旧:徳島インディゴソックス監督)

【徳島インディゴソックス8月1日付チーム指導体制】
監督代行       森山 一人(新任 旧:コーチ)
コーチ         衣川 幸夫(留任)
コーチ(選手兼任) 梅原 伸亮(新任 旧:選手専任)

※手束社長と白石監督のコメントは下記のとおりです。
  その他詳細につきましては、徳島インディゴソックス球団事務所
  (℡088-692-1945)までお問い合わせ下さい。

【徳島インディゴソックス球団株式会社手束直胤代表取締役社長のコメント】
「白石監督から辞任の意向を受け、承諾するにいたりました。しかし、現在の徳島インディゴソックスを取り巻く環境は、白石監督のご尽力なしには整備できませんでした。そこで、今後も大所高所から徳島インディゴソックスをご指導いただきたいと、球団代表への就任を依頼し快諾いただきました。大変な後ろ盾をいただいたと思っております。チームもなお一層夢の実現にむけて、森山一人監督代行のもと後半戦を精一杯戦って、夢をかたちにしていってほしいと思っております。」
【徳島インディゴソックス白石静生監督のコメント】
「この度、徳島インディゴソックス監督を辞する決心をいたしました。一昨年に監督就任の要請がありお引き受けしたのですが、昨年度は前後期ともに最下位、本年度前期は6チーム中5位と結果が出ず、後期は何とか巻き返したいと思っておりましたが、現在のような成績に至っております。選手たちは短い期間で結果を残そうと頑張っておりますが、勝利という結果が出ていない現状ではやはりモチベーションが下がるのではないかと思っておりました。この際、若いコーチ陣にバトンタッチし、気分新たに夢に向かって頑張ってもらいたいと思った次第です。ファン・後援会をはじめとしたチームを応援してくださっている方々にはご期待に沿うことができなかったこと、大変申し訳ないと思っております。球団との話し合いにより、球団代表という役職を与えていただきました。今後は選手たちのバックアップ役として、一生懸命後押ししていきたいと思っております。現場責任者でもありフロント責任者でもあることから、周りの皆様のご協力をいただきながら、選手たちの夢をかなえるべく、そして徳島インディゴソックスというチームも強くしたいと思っております。最後になりますが、マスコミ関係者の方々にはこれまで大変お世話になりましたが、今後もより一層のご協力をお願いいたします。」

福岡RWでは入団テストを行います!

 四国・九州アイランドリーグでは、福岡レッドワーブラーズがシーズン途中の戦力補強を目的とした入団テストを行うことになりましたので、お知らせいたします。また、この入団テストには、NPBセ・パ12球団出身選手の参加も可能です。応募要項は下記の通りです。

【受験資格】
①原則として、年齢が17歳以上25歳以下の方
  (NPB出身選手は、この限りにあらず)
②合格後、速やかに入団が可能な方
※現在日本高等学校野球連盟並びに、全日本学生野球連盟所属の野球部に
  在籍している方は、今回の入団テストに応募することが出来ません。

【実施要綱】
①応募期間:随時。決定次第終了とします。
②実施日:参加希望者と福岡球団で相談の上決定致します。
③内容:福岡球団の練習に数日間参加して頂きます。
④審査員:福岡球団の監督・コーチ
⑤募集人数:若干名(ポジションは問いません)
※練習参加の際の交通費・宿泊費等は、参加者負担となります。
  (参加料は無料です)

【応募方法】
福岡レッドワーブラーズ球団事務所(電話:092-892-3355)まで電話でお問い合わせの上、所定の申し込み用紙(別紙)に、写真添付・必要事項ご記入の上、下記あて先までご郵送下さい。
※申込用紙は福岡レッドワーブラーズ公式ホームページ(http://www.redwarblers.com)もしくは四国・九州アイランドリーグ公式ホームページ(http://www.iblj.co.jp/)より、ダウンロードできます。

〒819-0002
福岡県福岡市西区姪の浜4‐22‐31 NUMERUSⅢ30号
福岡レッドワーブラーズ球団事務所 「入団テスト」係

四国・九州IL選抜がフューチャーズに連勝!

 四国・九州アイランドリーグ選抜とフューチャーズ(イースタン・リーグ混成チーム)の交流試合が、7月29日(火)さいたま市のロッテ浦和球場で行われました。試合は、1回に四国・九州IL選抜が堂上(香)の適時2塁打と比嘉(愛)の2点本塁打で3点を先制します。四国・九州IL選抜は、3回に2点を返されましたが、4回に梶田(高)の適時打とYAMASHIN(高)のソロ本塁打で2点、さらに5回には巨人の深沢投手(元香川OG)から中村(高)の適時打等で2点を追加、7対2とリードを広げます。その後四国・九州IL選抜は終盤2点を失いましたが、7対4でフューチャーズに快勝、28日続き連勝しました。
これで四国・九州IL選抜は、今季NPBとの交流戦に5連勝です。

クリックすると拡大します。

フューチャーズ:(投)津田(日本ハム)-黒滝(ロッテ)-深沢(巨人)-
          鈴木(巨人)-染田(湘南)- 江口(ロッテ)-橋本(ヤクルト)
          (捕)佐藤(巨人)-銀次(楽天)
四国・九州IL選抜:(投)西川-渡邊-中江-松居-上里田
            (捕)堂上-永井-飯田

本塁打:比嘉(愛)・YAMASHIN(高)・山本光(巨人)2
2塁打:堂上(香)・林(長)・梶田(高)・中村(高)

【フューチャーズ・深沢和帆投手(巨人)のコメント (1イニングを投げ、被安打2 四死球2 失点2)】
「ILも年々強くなっていると思いますが、今日は、僕自身が普段練習してきたことを全く試合で出せず、残念な結果でした。特に直球でストライクが取れなかったのが痛かったです。もう一度一から出直して頑張ります。」
【フューチャーズ・玉木重雄監督のコメント】
「ILの選手たちは今日もいい打撃をしていました。フューチャーズの投手はイースタンでも登板機会が少なく、若く実績のない投手ばかりですので、いい経験になったと思います。またILの選手からはフューチャーズ以上に必死さが伝わってきました。」
【四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント】
「今日も選手たちが自分の役割をきちっと果たしてくれました。NPBのスカウトにもいいPRが出来たと思います。しかし、NPBの投手のボールのキレや、打者が狙い球を絞ってしっかりと打ってくること等は参考になったはずです。今後の更なる努力を期待しています。」

四国・九州IL選抜がフューチャーズに大差で勝利

 四国・九州アイランドリーグ選抜とフューチャーズ(イースタン・リーグ混成チーム)の交流試合が、7月28日(月)東京都大田区の大田スタジアムで行われました。試合は、1点を先制された四国・九州IL選抜が5回にYAMASHIN(高知)の2点適時打で逆転し試合の流れを掴みます。勢いのった四国・九州IL選抜は、6回には金丸(徳島)・古卿(高知)の2点適時打等で5点を奪いリードを広げます。さらに7回と9回にも2得点を上げた四国・九州IL選抜は、11対3の大差でフューチャーズに勝利を収めました。これで、今季四国・九州IL選抜は、NPBとの交流戦で4連勝です。四国・九州IL選抜は29日もロッテ浦和球場でフューチャーズと対戦します。

クリックすると拡大します。

フューチャーズ:(投)西崎(ヤクルト)-林(ロッテ)-川口(巨人)-西村(巨人)-
          木興(ロッテ)- 朱(西武)-橋本(湘南)-糸数(日本ハム)
          (捕)伊集院(巨人)-山本大(楽天)-銀次(楽天)
四国・九州IL選抜:(投)川西-ケリー-イ-土田-キム
            (捕)飯田-永井-堂上

3塁打:斉藤(西武)
2塁打:中村(高)・金丸(徳)2・関口(湘南)

【フューチャーズ・玉木重雄監督のコメント】
「この試合では、投手陣が崩れ、いつものフューチャーズのプレーが出来ませんでした。それに対してILさんの積極的な打撃のよさが目立ちました。ILの選手たちはこの試合のように諦めずに必死になって日々頑張れば、自分たちの夢を掴めると思います。」
【四国・九州IL選抜・定岡智秋監督のコメント】
「NPBのスカウトを前に自分をPRしようと少し力が入りすぎているところもありましたが、選抜チームの選手たちは皆自分の役割をしっかりと理解しプレーしていたので、安心して采配をふるうことができました。29日の試合も勝利を目指して頑張ります。」

7月28・29日フューチャーズ交流戦出場選手変更について

 四国・九州アイランドリーグ6ームからの選抜チームが7月28日(月)に東京の大田スタジアムで、
29(火)にさいたま市のロッテ浦和球場で、フューチャーズ(イースタン・リーグ混成チーム)と交流試合を行います。
 四国・九州アイランドリーグでは、フューチャーズ戦に出場する四国・九州アイランドリーグ選抜チームのメンバーの中で、角野雅俊投手(福岡)に代わり中江信投手(福岡)が出場することが決まりましたので、お知らせ致します。変更の理由は、角野投手が右脇腹痛により出場を辞退したためです。
 出場メンバーは、下記のとおりです。

【出場メンバー】
監督:定岡智秋(高知)                 
コーチ:山﨑章弘(高知) 宮崎一彰(高知)     

■投手
イ・チャンホ(香川) 松居伊貴(香川) 上里田光正(高知) ケリー(高知)
西川徹哉(高知) キム・ムヨン(福岡) 中江信(福岡) 川西祐太郎(愛媛)
渡邊隆洋(徳島) 土田瑞起(長崎)
■捕手
堂上隼人(香川) 飯田一弥(高知) 中村龍央(高知) 永井豪(徳島)
■内野手 
YAMASHIN(高知) 古卿大知(高知) 荒川大輔(福岡) 比嘉将太(愛媛)
林孝明(長崎)  
■外野手
洋輔(香川) 梶田宙(高知) 西村悟(福岡) 嶋田好高(愛媛) 金丸勝太郎(徳島)
高井啓行(長崎)

9月7日香川-長崎 9月13日香川-徳島戦 NHK高松がラジオ中継決定

 NHK高松放送局は2008年度四国・九州アイランドリーグ公式戦香川オリーブガイナーズホームゲーム5試合をラジオで生中継する予定ですが、放送試合が未定となっておりました2試合が、9月7日(日)香川対長崎戦と9月13日(土)香川対徳島戦に決定しましたことを、お知らせ致します。
 今回決定した2試合を含めましたNHK高松放送局の今後のラジオ中継確定スケジュールは下記のとおりです。
 NHK高松放送局では、今年も地元サーパススタジアムで開催される香川オリーブガイナーズホームゲームを香川びいきで放送しています。
クリックすると拡大します。
画像の確認

公式サイトで 6月3日・4日のNPB交流戦 四国・九州IL選抜-ソフトバンク2軍戦を映像配信開始

 四国・九州アイランドリーグでは、公式サイト内(www.iblj.co.jp)に映像配信サービス 『四国・九州ILウェブスタジアム~SHIKOKU・KYUSYU ISLAND LEAGUE Web STADIUM~』を開設し、公式戦やNPB球団との交流戦映像等をファンの皆様にお楽しみ頂いておりますが、この度、2008年6月3日(火)、4日(水)に開催されたNPB交流戦 四国・九州アイランドリーグ選抜対福岡ソフトバンクホークス2軍戦を追加アップ致しました。今後もさらに映像コンテンツを充実させ、四国・九州アイランドリーグの魅力をより一層お伝えしていきますので、皆様の厚い御声援を心より御願い申し上げます。

視聴方法:四国・九州IL公式サイト内のバナーをクリックすると
       「四国・九州ILウェッブスタジアム」へ
       そこでご視聴されたい試合をクリック頂き、
       さらにイニングごとに映像をお楽しみ頂けます。
追加配信試合: 2008年6月3日(火)・4日(水)
          四国・九州アイランドリーグ選抜対福岡ソフトバンクホークス2軍
配信開始日:2008年7月25日(金)
技 術 協 力:株式会社よんでんメディアワークス


SHIKOKU ISLAND LEAGUE News by SHIKOKU NEWS


  • RSS2.0を取得
  • ATOM0.3を取得

四国新聞社 SHIKOKUNEWS